チャットレディ 副業で高収入

チャットレディ 副業で高収入

ライブチャットとは?チャットレディとはどんなお仕事なの?

チャットレディとは、パソコンやスマホのカメラを利用して、テレビ電話の様に男性とチャットをするお仕事です。
このテレビ電話のことをライブチャットといいます。

 

キャバクラやニュークラブ、ガールズバーの場合は、実際に店舗に行く手間もありますし、男性に触れられたりストーカーに合ったりする危険性がありますが、チャットレディは在宅でできるので、比較的安全で、手軽にできる副業バイトとして人気です。

 

安心、安全で高収入のため、最近では、一般の方以外にもにもAV女優やグラビアアイドル、モデル、アイドルや声優の卵などの仕事をされている方が、副業として活動されているパターンも多いです。

 

チャットレディに必要なものは、インターネット回線とパソコン、webカメラ、ヘッドセッドぐらいなものなので、誰でも簡単に始められます。
パソコンの操作も特にないので、安心です。

 

チャットレディの種類

 

チャットレディは、画面の向こうの男性とライブチャットを行うわけですが、ライブチャットには大きく分けて二つの種類があります。

 

ノンアダルト系ライブチャット

 

まずはチャットレディ初心者におすすめなノンアダルト系のライブチャットです。

 

アダルト系は、服を脱いで胸や股間を見せたり、オナニー行為などがOKですが、ノンアダルト系ではNGになります。
テレビで放送できないような内容のものは、ノンアダルト系で行ってしまうと規約違反になってしまいます。

 

基本的には楽しくお話して、友達感覚、恋人感覚でライブチャットを楽しむのがノンアダルト系なのですが、下ネタや軽いエロトークぐらいは、ノンアダルト系でもOKですので、気楽に考えてください。
キャバクラやスナック、ガールズバーのような感覚に近いといえます。

 

また、ノンアダルト系は収入が低そうなイメージがありますが、時給換算で2000円〜3000円ぐらいになるので、他のアルバイトや仕事に比べれば、はるかに高収入な副業になります。

 

まれにノンアダルト系でもアダルトな要素を要求してくる男性がいたりしますが、そんなときのためにキック、BAN機能があります。
この機能を使えば、指定した男性のアカウントは自分のライブチャットにアクセスできなくなるので、いやな思いをすることもありません。

 

ノンアダルト系で稼ぐには、トーク力が大事です。
常連になってもらうためには、地道に信頼関係作りが必要になります。

 

 

アダルト系ライブチャット

 

続いて、アダルト系のライブチャットです。

 

アダルト系はノンアダルト系と比べると過激な内容が求められます。

 

全裸になるのはもちろん、公開オナニーや顔出しを必要とされる場合がほとんどです。
ビジュアル的にもクオリティの高さが要求されます。

 

そのかわり、ノンアダルト系よりさらに高収入で、月収100万も夢ではありません。
中には月収300万円以上稼ぐ女性も少なくない夢ある世界です。

 

実世界の商売で例えれば、デリヘルやソープの世界だといえます。

 

仕事内容はノンアダルト系に比べてハードですが、女性の中にはノンアダルト系のようにトーク力があまり必要じゃないので、アダルト系のほうが楽!という子もいるようです。

 

アダルト系に慣れている女の子は、元々露出やエッチなことに抵抗がない子が多く、バイブやローターを自分で用意していてる方が多いようです。

 

ノンアダルト系のように信頼関係を作っていくことも大事ですが、男性会員を引き付けるエロさをいかに表現することができるかで、人気が変わってきます。

 

 

チャットレディ、ライブチャットのメリット

 

チャットレディのお仕事には一般的な水商売に比べて、多くのメリットがあります。

 

直接会うことがなく、触られたり襲われたりすることがない

 

チャットレディは、パソコンやスマホのカメラ機能を使って男性会員とTV電話のような形式でコミュニケーションをとります。
つまり、画面上だけのやりとりとなるので、直接会う必要はないのです。

 

住所・電話番号・メールアドレス・ラインなど、個人情報を教える必要もないので、プライバシーに関することを話さなければ、ストーカー被害を受けることもまずありません。

 

キャバクラやスナックなどは直接話さなければならず、体を触られることもありますが、チャットレディのお仕事ならその心配もなく安心です。

 

自由勤務でノルマもない

 

通常、仕事やバイトいえば、会社に通勤する必要があります。
交通費が支給されなければ、通勤だけでお金を使うことになりますし、なにより通勤には体力や時間を使います。

 

チャットレディは在宅でできるお仕事で、いつでも自分の好きな時間に仕事することができます。

 

1日に何時間以上ログインしていなければならない、といったノルマもないので、副業に向いているのです。

 

1日中、ログインし続けて稼ぎ続けるのも良し、主婦の方が昼間の空いた時間にパート感覚でライブチャットをするのも良し、仕事終わりの寝る前にお小遣い稼ぎをするのも良しです。

 

お酒を飲まなくても水商売と同じような高収入を狙える

 

キャバクラやスナック、ガールズバーなどのアルバイトは多かれ少なかれ、お酒を飲まなければ仕事になりませんが、チャットレディならお酒を強制される心配もありません。

 

お酒が好きなのであれば、お酒を飲みながらライブチャットで会話を楽しむというスタンスも全然OKです。

 

ノンアダルト系では、チャットレディと男性会員がお互いお酒を飲みながら話をするという「飲みチャット」というのも人気があるようです。

 

資格不問・容姿不問・年齢不問

 

チャットレディは、パソコンやスマホなどがあれば、誰でも始めることができます。

 

学歴も資格もいりません。

 

容姿や年齢については、女性としては気になるところかもしれませんが、男性会員にも様々なタイプがいます。

 

年上が好きな人、年下が好きな人、痩せている人が好きな人、太っている人が好きな人など、タイプは人それぞれです。

 

自分の容姿や年齢に自信がなくても、トーク力や自分の体の見せ方など、自分だけができることが必ずありますので、大丈夫です。

 

ライブチャットの報酬、バイト代

 

チャットレディとして、ライブチャットで活動するにあたって、支払われる報酬はほとんどの場合、歩合制となっています。
通勤チャットレディの場合など、固定報酬として、一部時給制とっている会社もありますが、在宅のチャットレディならば歩合制と思ってもらって間違いありません。

 

ですから、ライブチャットにログインしているだけでは、バイト代は入ってきません。
男性会員とのチャットやメールのやりとりなどがなければ、無収入です。
要するに男性会員にお金を使ってもらうことで、自分にも報酬が入る仕組みなので、こういうところは実店舗の水商売となんら変わりありません。

 

金額的には、一般的なアルバイトの時給が約800円から1300円前後として、ノンアダルトのチャットレディで3000円、アダルトのチャットレディで5000円を超えるほどの高収入となっています。

 

高収入のため、中国では裸チャット・レディという職業まであるらしく、少なくとも800〜1500元(約1〜2万円)で、月に5万元(約68万円)を稼ぐ人もいるといるとのことです。

 

裸チャット・レディの多くは、1980〜90年代生まれの20代の女性や学生とのことで、会社員のように通勤して、アダルトサイト側が用意した部屋に入りチャットをする人もいれば、自宅でチャットをしている人もいるようです。

 

これからチャットレディを始めるのであれば、まずは自分の希望する勤務スタイルで、報酬体系が他のサイトよりも好条件なサイトに登録することが大事です。

トップへ戻る